読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【単体考察】ジメンZグライオン

初めましての方は初めまして、そうでない方はお久しぶりです。

受けループに補完としてよく入り、ポイズンヒールの回復量によるサイクル戦やみがまもが得意なグライオンですが、強制的に毒状態にするどくどくだまではなくジメンZ持ちのグライオンについて書いていきます。

 

性格:意地っ張り

特性:ポイズンヒール

実数値(努力値):179(228)-146(140)-146(4)-x-101(44)-127(92)

技構成:地震   岩石封じ   挑発   羽休め

調整

H…ポイズンヒールが発動した時のため一応最大効率

A…威嚇込みでH振りメガクチートが高乱数2発,H振りメガゲンガーが確定1発

B…余り

D…特化テテフのサイキネ確定耐え

S…がんぷう後最速120族(メガボーマンダなど)抜き

 

グライオンにジメンZを持たせる利点ですが「クチートに安定して勝てること」に尽きます。

Aに振っていないグライオンクチート対面で威嚇込み地震二回で落とせないため、起点になる場合があります。6世代なら剣舞うたれても身代わりからのTODで勝てましたが、7世代ではできません。また、クチートの上から鉄壁・挑発等を入れられるエアームドエレキフィールド下での雷パンチが厳しいです。

少しピンポイント気味ですがZ枠を余らせがちな受けループには入れやすく、羽休めと挑発もあるのでクチート以外にも腐りにくい点でジメンZグライオンは強いです。

 

少し読んでランドロスでいいと思った方もいるでしょう。威嚇もあり、スカーフやチョッキ持ちも警戒され、無振りで特化グライよりAが高い。

それに対してのグライオンの利点はどくどく無効、回復ができる、挑発が打てる、選出段階でどくどくだま持ちしか警戒されない等でしょうか。

ただ、私はこの4つがとても大きいと思っています。カバ展開を許すことなく不意の毒ドリュにも対応でき、ハッサムなどのポケモンも安定して処理できます。そこまで重要ではありませんが、エアームドテッカグヤなどのポケモンに対してもがんぷうと挑発を繰り返し削ることができます。

どくどくだま持ちとの違いは対面性能は高いが火傷やステロなどの定数ダメージをごまかせずにサイクル戦でかなり辛くなることで、受け回しといったことがあまりできないことです。

 

次に目安となる与・被ダメージをいくつかのせておきます。ポケモンの横の数字は実数値です。

地震

157-145メガクチートに対して

通常ダメージ: 116〜138   急所ダメージ: 174〜206

Aが1段階下がった状態で157-145メガクチートに対して
通常ダメージ: 78〜92      急所ダメージ: 174〜206   (93.75%の乱数2発)

167-100メガゲンガーに対して
通常ダメージ: 168〜198   急所ダメージ: 252〜296

145-109メガルカリオに対して
通常ダメージ: 152〜180   急所ダメージ: 228〜270

167-170ギルガルドに対して

通常ダメージ: 98〜116  急所ダメージ: 146〜174

183-116ガブリアスに対して

通常ダメージ: 72〜85   急所ダメージ: 108〜127

175-132メガリザードンX(竜舞羽休め想定)に対して

通常ダメージ:126〜150   急所ダメージ:188〜224

 

岩石封じ

175-99リザードンに対して

通常ダメージ: 136〜160  急所ダメージ: 204〜240

175-132メガリザードンXに対して

通常ダメージ: 52〜62   急所ダメージ: 78〜92

155-90霊獣ボルトロスに対して

通常ダメージ: 74〜88   急所ダメージ: 112〜132   (82.8%の乱数2発)

Aが1段階下がった状態で165-110霊獣ランドロスに対して

通常ダメージ: 21〜25   急所ダメージ: 46〜55

165-110霊獣ランドロスに対して

通常ダメージ: 31〜37   急所ダメージ: 46〜55

Aが1段階下がった状態で171-150メガボーマンダに対して

通常ダメージ: 32〜38   急所ダメージ: 68〜80

171-150メガボーマンダに対して

通常ダメージ: 44〜54   急所ダメージ: 68〜80

 

地震

157-145メガクチートに対して

通常ダメージ: 204〜242   急所ダメージ: 306〜362

Aが1段階下がった状態で157-145メガクチートに対して

通常ダメージ: 134〜162  急所ダメージ: 306〜362   (12.5%の乱数1発)

175-132メガリザードンXに対して

通常ダメージ: 224〜266  急所ダメージ: 338〜398

167-170ギルガルドに対して

通常ダメージ: 176〜210   急所ダメージ: 266〜314

145-96カプ・テテフに対して

通常ダメージ: 154〜183  急所ダメージ: 232〜274

183-116ガブリアスに対して

通常ダメージ: 127〜151   急所ダメージ: 192〜226   (地震地震Zで確定)

131-100ミミッキュに対して

通常ダメージ: 148〜175   急所ダメージ: 222〜262   (がんぷうから入ることで対面から勝てる)

161-85ウルガモスに対して

通常ダメージ: 175〜207   急所ダメージ: 262〜310

 

物理被ダメージ

172メガクチートの叩き落とす

通常ダメージ: 58〜69   急所ダメージ: 87〜103

172メガクチートのじゃれつく

通常ダメージ: 120〜142   急所ダメージ: 180〜213

A2段階上昇172メガクチートの不意打ち

通常ダメージ: 124〜147   急所ダメージ: 187〜220

182ガブリアスの逆鱗

通常ダメージ: 84〜100   急所ダメージ: 127〜150   (75.4%の乱数2発)

216メガボーマンダすてみタックル

通常ダメージ: 120〜142   急所ダメージ: 180〜213

A2段階上昇156ミミッキュのシャドークロー

通常ダメージ: 84〜100   急所ダメージ: 127〜150   (75.4%の乱数2発)

同上ミミッキュのかげうち

通常ダメージ: 49〜58   急所ダメージ: 73〜87

A1段階上昇200メガリザードンXの逆鱗

通常ダメージ: 181〜214   急所ダメージ: 271〜321

207メガギャラドスの氷の牙

通常ダメージ: 140〜168   急所ダメージ: 212〜252

189バシャーモのZフレアドライブ

通常ダメージ: 139〜165   急所ダメージ: 210〜247

122テッカグヤのヘビーボンバー

通常ダメージ: 58〜69   急所ダメージ: 87〜103

197メガメタグロスの冷凍パンチ

通常ダメージ: 204〜240   急所ダメージ: 304〜360

A2段階上昇205ドリュウズアイアンヘッド

通常ダメージ: 127〜150   急所ダメージ: 190〜225

 

特殊被ダメージ

サイコフィールド下200カプ・テテフサイコキネシス

通常ダメージ: 151〜178   急所ダメージ: 226〜267

日照り下211メガリザードンYの火炎放射

通常ダメージ: 160〜189   急所ダメージ: 240〜283   (31.3%の乱数1発)

147カプ・コケコのマジカルシャイン

通常ダメージ: 67〜79   急所ダメージ: 100〜118

222メガゲンガーシャドーボール

通常ダメージ: 100〜118   急所ダメージ: 150〜177

172メガボーマンダの流星群

通常ダメージ: 126〜148   急所ダメージ: 187〜222

C2段階下降172メガボーマンダの流星群

通常ダメージ: 63〜75   急所ダメージ: 187〜222

192メガルカリオのラスターカノン

通常ダメージ: 114〜136   急所ダメージ: 172〜204

197霊獣ボルトロスのめざめるパワー(氷)

通常ダメージ: 180〜212   急所ダメージ: 268〜316

 

 

従来のグライオンより耐久とSが低く、受け出しや嵌めなどができませんが、スカーフテテフやミミッキュに対面で勝てるので採用してみる価値はあると思います。挑発は起点回避や耐久ポケモンを動きづらくさせることもあったので使いやすかったです。岩石封じの枠は対ミミッキュを意識しないならどくどくをいれて鬼羽アローのようなこともできます。ここまで読んでくださりありがとうございました。